先日の記事『イノシシの無添加ソーセージを食べてみたくないかい?』の続編(第二弾)です。

「おおち山くじらソーセージ」は100gあたり600円以上もする高級品です。
なぜそんなに高価なのか、気になりませんか?

私は、気になります。

そして、食肉製造に関わり始めてから、表示ラベルをよく見るようになりました。
表示ラベルを見比べるとけっこう面白いので、オススメです。

今回はレポートをするために、近所のスーパーに行ってきました。
田舎の小さなスーパーの品揃えでも100gあたり100〜200円くらいの価格差があります。
都会の大きなスーパー、デパートならもっと楽しいはずです。

■ 高め:100gあたり207円のソーセージ
IMG_9125
豚肉、豚脂肪、食塩、香辛料、砂糖…化学調味料や保存料も含まれていますが「ソーセージ」と聞いて思い浮かべやすい一般的な原材料名が並んでいます。名称は「ポークソーセージ」

■ ちょい安:100gあたり142円のソーセージ
IMG_9124
豚肉、鶏肉、豚脂肪、結着材料(植物性たん白、でん粉)、食塩、砂糖、チキンエキス…「鶏肉」が入っているからでしょうか、名称から「ポーク」という記載が消えました。

■ 100gあたり110円のソーセージ
IMG_9126
鶏肉、豚脂肪、豚肉、結着材料(植物性たん白、でん粉、粗ゼラチン)、デキストリン、果糖…ついに豚肉の重量が三番目になってしまいました。


■ 最後は、100gあたり622円の高級品『おおち山くじらソーセージ』
IMG_9127
猪肉、豚脂肪、食塩、香辛料、砂糖、赤ワイン…と、実にシンプル。

価格はスーパーで売られているソーセージの3〜6倍しますが、原材料を見れば、なんとなくその理由に納得できる気がしませんか?

「おおち山くじらソーセージ」には4つのこだわりがあります。

1) 素材本来の風味を活かすために原材料はシンプルに
実は、香辛料などもオーガニックなものだけを使用する徹底ぶり。
なんと、味と香りのバランスを整えるために「赤ワイン」も入っています、なんかオシャレ…!
「無添加・無着色」であることが一目で分かります。

2) ワイルドな歯ごたえと旨味の強さが魅力の野生イノシシ肉
原材料になっているイノシシ肉ですが、島根県の野山を駆け回っていた野生イノシシのウデ(前足)やスネを100%使用しています。
この「ウデ」と「スネ」は、筋肉質でコラーゲンが豊富なので、歯ごたえと旨味が強く、自家製ソーセージを作るレストランのシェフにも人気がある部位です。

「おおち山くじら」のイノシシ肉は、専属の解体師によって、こんなに綺麗に骨を抜かれてしまいます。
IMG_7700
特に、この肩甲骨の表面の美しさには、惚れ惚れ。
IMG_7705
肩甲骨は形状が複雑で、ベテラン猟師さんでもなかなか綺麗に脱骨できないところですが、骨膜ごと剥がされています。

骨膜や筋膜ごとソーセージにすることで、旨味がより強くなるんだそうです。
魚も「骨の周りが一番おいしい」っていいますよね。

3) イノシシを引き立たせる最高の豚脂肪
豚脂肪は、非遺伝子組換えのトウモロコシを食べて育った「中ヨークシャー交配種」というとても貴重な豚の脂肪を使用しています。
この豚脂肪は、口どけがよくコクもあり、イノシシ肉の美味しさを上手に引き立ててくれます。

4) 環境にも配慮した製造方法
工場でソーセージに火入れする際、工場近隣の間伐材木炭を使っています。
その他にも、工場内で使われる洗剤を天然由来のものにして、微生物に分解してもらってから下水に流すなど、消費者には見えない部分にも配慮して製造されています。

10537782_816935884991303_663997460536962874_n
どうですか、おいしそうでしょ…?


お肉って、すごく高価な食材なんです。

だから、一般的にスーパーで売られているソーセージは、少しでも安いお肉を使ったり、肉以外のものを混ぜて、価格を下げる工夫をしています。
保存料を使うのも、冷蔵商品の賞味期限をのばし、消費者が購入しやすくするためでしょう。
※「おおち山くじらソーセージ」は商品の性質上、冷凍でのお届けになります。

よく「化学調味料を使っている」とか「ソーセージには安い鶏肉が入っている」と製造元を攻撃する人がいますが「お肉を安く食べたい」という消費者のニーズに応えてきた結果ではないでしょうか。

家畜なら、品種改良にも、産ませるにも、太らせるにも、お肉にするにも、莫大な手間とお金がかかりますし、イノシシのような野生動物でも、捕獲して、運搬して、お肉にする工程があるんですね。
その工程をひとつひとつ知っていれば「お肉は高価な食材であること」を当たり前に実感することができますし、むしろ「お肉は高くあるべき」とも思います。

しかし、そう主張する私でも、100gあたり600円のソーセージを日常的に消費することはできません。
だから「おおち山くじらソーセージ」は大切な人への贈り物や、年に数回の贅沢にして、普段は「ポリシー」と「現実的な価格帯」の折り合いがつく商品を選択するようにしています。


あなたは、どんな商品を選択しますか?

----------

◎ おおち山くじら欲張りセット 4,800円(税・送料込)
おおち山くじらソーセージ  (3本105g)2パック
おおち山くじらフランクフルト(2本120g)1パック
おおち山くじら特選バラスライス 200g   1パック

◎ おおち山くじらソーセージセット 4,200円(税・送料込)
おおち山くじらソーセージ  (3本105g)2パック
おおち山くじらフランクフルト(2本120g)2パック

◎ おおち山くじら特選肉セット 8,000円(税・送料込)
おおち山くじら特選ローススライス 500g   1パック
おおち山くじら特選バラスライス  500g   1パック


ご注文をご希望される方は…

お届け先 ①郵便番号 ②ご住所 ③電話番号 ④お名前 ⑤希望日時を添えて、【sena.nagahama(a)gmail.com】もしくは【0855-75-0887】まで

 ご連絡ください。おねがいします!